モッタイナクテ =撮りっぱなしの写真のままじゃモッタイナイ=

mitekore.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 12日

3persons

f0096000_13163850.jpg



青い空と  白い雲の下で

ワーゲンとボーダーをこよなく愛するミュージシャンと出会った

少年の心を持ったまま

大人になったような彼の歌は

とても優しい


f0096000_17051.jpg

f0096000_173938.jpg


彼の歌は毎月第二日曜日に掛川城そばのお土産どころ「こだわりっぱ」前で聴ける。
時間は10時から15時。数組のアマチュアミュージシャンが集う。
(5月は変則5月2・3日あたりとか)


(投稿日時は写真の撮影日時としてあります)
[PR]

# by hatsumimi-kun | 2009-04-12 15:33 | わたし(PowerShot A520)
2009年 04月 12日

f0096000_1302936.jpg



飛んで行きたいのに飛べない鳥

この池で一生過ごすのがしあわせなのか不幸せなのか

他を知らないからわからない

だけどここで一生懸命 なんとかうまくやっている

どこか似ている気がして

時々話しにやってくる


(投稿日時は撮影日時)

[PR]

# by hatsumimi-kun | 2009-04-12 12:06 | わたし(PowerShot A520)
2009年 04月 12日

陽春

f0096000_0343376.jpg



満開の枝垂桜を見上げる

眩しい春の日

届かないと判っていても

手を伸ばしたいときがある



(投稿日時は撮影日時としてあります)
[PR]

# by hatsumimi-kun | 2009-04-12 11:16 | わたし(PowerShot A520)
2009年 04月 12日

空キャンバス

f0096000_1153354.jpg



大きな枝垂桜を見上げた。

春の清々しい青い空のキャンバスに

まるで絵のような桜の姿が映える




このおうちのおじいちゃん(昨年11月他界)とおばちゃんが
結婚した翌年に植えたという枝垂桜

それはそれは見事な花を咲かせる

おじいちゃんが亡くなって初めての桜の季節

おじいちゃんが残してくれた桜を見に大勢の方が訪れる

見ず知らずのお客様に「見事な桜ですね」と声を掛けられるたび
段々自然に笑顔になるおばあちゃん

今年の桜はおじいちゃんから、まだ元気が出ないでいたおばあちゃんへの
愛に満ち満ちたプレゼント


(投稿日時は撮影日時)

[PR]

# by hatsumimi-kun | 2009-04-12 11:11 | わたし(PowerShot A520)
2009年 04月 07日

水面桜

f0096000_1453796.jpg



池の一面を桜の花びらが覆う

中の鯉からはどんな風に見えてるのかな

いつもより少し薄曇なんだろうな

これこそまさに花曇だね

それとも春の日差しが桜の花びらを通りぬけ

それはそれは美しい光景で

もしかしたら池の中もみんなでお花見してるのかもしれないね



磐田市つつじ公園にて  (投稿日時は撮影日時)
[PR]

# by hatsumimi-kun | 2009-04-07 13:13 | わたし(PowerShot A520)
2009年 04月 07日

春、木漏れ日

f0096000_222543.jpg



桜が降る日公園にひとりでいった

周りはとても賑やかなはずなのに

桜の降る光景が美しすぎて

それはまるで雪が降るようで

一人の世界に入っていく

花びらが降る音さえ聞こえそうな

一人だけの世界

自然の美しさは人を無口にする

暫くはカメラさえ向けずにこの目で見ていた

ふと我に返ったとき

この光景をダイスキな人と一緒に見たいと思った



磐田市つつじ公園


(投稿日時は撮影日時)
[PR]

# by hatsumimi-kun | 2009-04-07 01:51 | わたし(PowerShot A520)
2009年 04月 02日

ネガティブではありません

f0096000_9163530.jpg



Shinnosuke Nakamura作
160×160cm
2008.10



絵は見る人の感性で見ればいい

そう思ってタイトルも聞かず、ただこの絵と向き合っていた

私の心を惹き付ける何かを感じた(親バカ全開!)

それは今までの絵には感じなかった何か

私は自分の頭と心でいろんな事を感じ、考えてから本人に絵のタイトルを尋ねた

「ネガティブではありません」

胸に突っかかっていた何かがスッとした

「あぁ、この子はもうすぐ動き出すために今充電しているんだ。

 今はジャンプする前の膝を曲げかがみこんだ状態。

 それはサナギのような段階で

 たぶんうつむきながらも生命力や気迫に満ちていたからだ。」

[PR]

# by hatsumimi-kun | 2009-04-02 17:34 | Shinの作品紹介(写真外)
2009年 03月 29日

イキル

f0096000_914799.jpg




とある食堂の駐車場にいる犬

全く見知らぬ私が近づいて行っても気づかない

よく見るとかなりの老犬

もしかしたら耳も鼻も利かなくて

私の存在にも気づいてないのかもしれない

寝息を立ててただ寝ている

この子は死を迎えるその日までちゃんと命を生き抜くんだね

頑張りすぎず

すべてを受け入れて



大須賀町 満潮


(投稿日時は撮影日時)
[PR]

# by hatsumimi-kun | 2009-03-29 12:37 | わたし(PowerShot A520)
2009年 01月 01日

2009年1月1日

f0096000_8585515.jpg



今年もがんばる

一生懸命頑張る

テキトーにガンバル

楽しくがんばる

ちょっとずつ頑張る

だから、よろしくお願いいたします

[PR]

# by hatsumimi-kun | 2009-01-01 13:00 | わたし(PowerShot A520)
2008年 10月 26日

杉玉

f0096000_20435767.jpg



 杉玉:酒林(さかばやし)とも呼ばれる。
   日本酒の造り酒屋などの軒先に緑の杉玉を吊すことで、
   新酒が出来たことを知らせる役割を果たす。「搾りを始めました」という意味である。

   吊るされたばかりの杉玉はまだ蒼々としているが、やがて枯れて茶色がかってくる。
   この色の変化がまた人々に、新酒の熟成の具合を物語る。

   今日では、酒屋の看板のように受け取られがちであるが、
   元々は酒の神様に感謝を捧げるものであったとされる。 (Wikipediaより)



(投稿日時は撮影日時です)
[PR]

# by hatsumimi-kun | 2008-10-26 14:19 | わたし(横須賀街道文化展)